自己流木工

INDEX

LINK

ほぞきり凸加工・・・日曜大工:ほぞきり (その2)

 凸の加工に必要な工具はのこぎりとノミ、そしてかんな。また、加工前の位置決めのためにけびきもあれば便利。

←これが私の持っているけびき

私はけびきをひとつしか持っていません。
複数持っていたほうが、作業中にいちいち調整しなくてもいいので効率がいいようです。
けびきは木材の端から、一定距離のところに線を引くことができます。けびきのおかげで加工のための位置決め作業効率が格段にあがります。

けびきを使って、けびき用の便利ツールをつくる

けびきがひとつしかなくても、作業中に簡単に長さ調整ができる便利ツールを2 × 4材の切れ端を使って作成します。

2 × 4材の切れ端を利用する

2 × 4材で工作をしていると、切れ端がたくさん出てきます。この切れ端を使って簡単にけびきを調整できるツールを作成します。 2 × 4材の切れ端の暑さは3cmぐらいあったほうが丈夫でいいと思います。

2 × 4材での木工の採寸の基準は2 × 4材の寸法

2 × 4材を使って木工する場合、何cmとかの寸法を切り出すわけではなく、2 × 4材の1/2とか1/3とかの寸法を使います。 ですから、2 × 4材の1/2とか1/3とかの寸法をあらかじめ作っておくわけです。

2 × 4材の切れ端に目盛をつけておく

下のように2 × 4材の切れ端に目盛をつけておきます。そして、これにあわせてけびきを調整すると、あっというまにけびきの寸法を変更できるので、けびきが一つでも問題ありません。

2 × 4材の切れ端を利用する

2 × 4材で工作をしていると、切れ端がたくさん出てきます。この切れ端を使って簡単にけびきを調整できるツールを作成します。 2 × 4材の切れ端の暑さは3cmぐらいあったほうが丈夫でいいと思います。

2 × 4材での木工の採寸の基準は2 × 4材の寸法

2 × 4材を使って木工する場合、何cmとかの寸法を切り出すわけではなく、2 × 4材の1/2とか1/3とかの寸法を使います。 ですから、2 × 4材の1/2とか1/3とかの寸法をあらかじめ作っておくわけです。

幅の1/2や1/3の測り方

幅を○○cmだから、2で割って・・・なんて方法じゃありません。 そんな方法だとおそらく、特に1/3の場合など割り切れなくて適当な採寸になってしまうでしょう。

差し金を斜めにあてる

1/2なら2の倍数、1/3なら3の倍数の目盛が、2 × 4材の幅に合うようにします。左の図は1/3を採寸する場合の図です。

どんな割合でも採寸できる

この方法なら、たとえ1/5でも1/7でも正確に採寸できます。

ほぞきりのあたりをつける

左図のようにあたりをつけます。青線は上の図で採寸した1/3の線です。 赤線はほぞ穴部分の厚みの1/2ぐらいです。
けびきで引いた線の少し外側をのこぎりで切り落とし、ノミで調整し、かんなで最終仕上げをしましょう。
またこのとき、削り過ぎないように注意することが大切。これは最後に組み合わせる段階で凹との現物あわせで凸を削りながら行うからなのです。

Copyright (C) 2008 自己流木工 , All rights reserved.